大根島雲州人蔘の歴史

scroll

DAIKONSHIMA

UNSHU GINSEN

HISTORY

高麗人参と松平治郷(不昧)
松江藩6代藩主 松平宗衍(まつだいらむねのぶ)が高麗人参の栽培実験を開始します。
息子の7代藩主 松平治郷(はるさと)の代で頓挫した高麗人参栽培を復活させ試行錯誤を経て1807年(文化3)松江 古志原で栽培に成功しました。
小村新蔵・茂重親子の功績
小村新蔵は松江藩主 宗衍、治郷より命じられ高麗人参の試作に取り組みました。
息子の小村茂重が栽培を受け継ぎ、日光より得た栽培技術に独自の工夫を加え、松江市古志原地区で栽培を成功させます。
雲州人参の誕生
文化13年(1816)に幕府が海外へ諸藩からの高麗人参の輸出を認めます。
海外では雲州で栽培された高麗人参は「雲州人参」「雲州製」と呼ばれ、品質の確かさから世界のトップブランドとして知られる存在になりました。
大根島の雲州人参栽培
松江藩の領内全体で栽培をされた雲州人参ですが、時勢に翻弄され次々と栽培地が減少します。
湖に囲まれた特殊な環境であった大根島でのみ栽培が受け継がれました。
現在、日本で3カ所しか残されていない貴重な農業遺産になっています。
人参方役所の復元
松江の古志原から1813年(文化10)に寺町に人参方役所が移設されてから200年の節目の年、2013年(平成25)に大根島、由志園に人参方役所の長屋門を復元しました。
人参方役所は江戸期に松江藩が設置した高麗人参の製造、加工、流通、販売をになう公の施設です。
江戸時代より続けられている大根島の人参栽培の技術を伝承し、保存する平成の「人参方役所」として加工、販売、流通を担います。
2018年に「人参茶カフェ」がオープン

人参茶カフェ

復元された人参方役所の施設内にオープン。
身近なものとして高麗人参の魅力を知ってもらうために様々なメニューをご提供します。

もっと詳しく

高麗人蔘の販売サイトはこちら